肺を鍛えて 花粉症に勝つ

今年の花粉症は早くから始まって症状もきつめ。

中国古典医学では肺機能の低下が風邪ひき、気管支炎、びえん、花粉症、アトピーに影響するそうだ。

肺機能のの強化には肉体的な強化も必要だけど口から入る食べ物にも気をつけよとのこと。

冷たいものや加工肉、菓子類は避けて、くるみ、ギンナンなどやニンニク、ショウガなどの根菜、柿や柑橘などの果実を摂るのがよいとのこと。

最近では花粉症にはスイカ、キュウリなどは控えめにとの発表もあるそうだ。

今の時代パソコン、スマホを長く見て呼吸筋の働きが悪くなることで血流もわるくなり、疲れやすくなるそう。

来年はいろいろと試して花粉症に勝つぞ。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です