松浦園芸

山形県鶴岡市特産の 枝豆 だだちゃ豆を、収穫当日に生産者より朝採り直送

松浦園芸からのお知らせ

31年産だだちゃ豆の受付を開始しました。

皆様のご注文をお待ちしております。

今年度の受付開始に合わせネット通販ページをリニューアル致しました。

会員の皆様にはご迷惑をお掛けしますが別送のご案内通り、会員登録の更新・再設定をお願い申し上げます。なお、カード決済につきまして現在手続き中でございます。

松浦園芸のだだちゃ豆

だから美味い!だから安心!なのに安い!

  • H24野菜ソムリエ協会主催枝豆サミット食品部門で全国2位を受賞しました。
  • 山形のトップブランドの証である「山形セレクション」として認定を受けています。
  • 松浦園芸は、環境に優しい農業の実践者としてエコファーマー認定を受けています。
  • 松浦園芸は、減農薬・減化学肥料栽培による、特別栽培農産物認証を受けています。
  • 新鮮なだだちゃ豆を朝採り当日配送しています(期日指定配送もモチロン対応)。
  • 個人経営だからこそ実現可能なお手頃価格。はじめての方も安心してお試しください。

お客様の声

素敵なご感想と貴重なご意見です!

kuniisan

だだちゃ豆を毎年送っている方からお礼に素敵な絵を頂きました。鶴岡に生まれ育ってだだちゃ豆を作れると言うことはとても恵まれているのだとしみじみ感じました。

立花様(埼玉県)

だだちゃ豆が届きました。実入りはいつもより悪い気がしますが、そのせいか実が凝縮して香り、甘味、旨みは例年以上に感じます。

本場の白山だだちゃですね。美味しいだだちゃ豆を届けていただきましてありがとうございました。また、作柄を見ながらの連絡と、いい時期を選んで送って頂きありがとうございました。

富樫様(千葉県)

昨日朝一番で無事にだだちゃ豆到着しました。また贈答先からも同様の連絡があり、それぞれにみな喜んで頂きました。今年も懐かしい故郷の味を楽しませて頂いております。そしてやはり美味しいですね!

例 年8/20を過ぎてからの豆だったのですが、今年はちょっとチャレンジしてそれ以前にしてみました。その所為でしょうか「ちょっと香りと甘み」が例年より 弱い・薄い感じがします。その年の気候の影響も大きいでしょうし、食べるだけの身の私には詳しいことは分かりませんが、食感だけは前述のような感じが正直 なところです。

しかしながら今年いろいろ食べた各地の枝豆と比べても「一番」だったことに変わありがとうございました。

林様(愛知県)

会社のお得意様から、個人的に貴社のだだちゃ豆を送っていただきました。翌日、自宅でご近所の皆さんとバーベキューをした際に、だだちゃ豆を同封のプリント通りに茹で上げて出しましたら、大評判!どこの豆?なんて言う豆?と何人にも質問されました。

美味しさに、感謝です。

中村様(愛知県)

我が家はこの季節ビールのつまみに枝豆が欠かせません。送っていただいただだちゃ豆は甘みがあって豆が本来持つ素材のうまみがしっかり味わえました。

以前よりだだちゃ豆のおいしさには定評があり数回口にしたことがありますがすごく定番な表現ですがおいしいの一言ですね。プリプリとした食感が昔、子供のころに味わった露地栽培の独自のおいしさで今では失われていたおいしさを実感できました。

周りにもだだちゃ豆ファンが多くこのおいしさを独り占めするのは惜しくて少しずつでしたがす数軒におすそ分けしていただいてもらいました。

こだわりの味をまさに実感させていただきありがとうございました。

三上様

だだちゃ豆送って頂きましてありがとうございました。仲間と一緒に食べたのですが、食べた全員が今まで食べた枝豆で一番美味いと言っていました。僕も一昨年以来に食べたのでとてもおいしく感じました。
これから毎年買ってしまいそうです。

だだちゃ豆について

鶴岡市固有の在来枝豆「だだちゃ豆」を徹底解説

だだちゃ豆は食通も絶賛する日本一美味しい枝豆との評価をいただき、また高価な枝豆として近年全国的に知られるようになりました。
ここでは、名前の由来から品種、栽培方法、調理法など、あらゆる角度からだだちゃ豆を徹底解説してみたいと思います。

松浦園芸について

鶴岡市固有の在来枝豆「だだちゃ豆」を徹底解説

松浦園芸は、だだちゃ豆と米を中心に、大玉トマトや枝豆、その他の野菜を「安全・安心」をモットーに栽培している家族経営の専業農家です。
北に鳥海山、東に出羽三山、西には日本海が広がり、四季折々の変化に富んだ美しい自然の豊かな鶴岡市。
豊富で綺麗な水や肥えた土壌の大地の恵みを活かして美味しい農産物の生産に励んでいます。

農園ブログ

だだちゃ豆だけではなく庄内、鶴岡の美味いもの、観光地、文化、農業、お祭りなど管理人独特の?視点からお伝えします!

おすすめ記事