息子を送り出す父の気持ちで出庫完了

29年産大豆の仕事も明日で終了。
春の種まきから検査を受けての倉庫からの出庫まで8か月くらい一緒にいた大豆と戯れる日々もようやく終了。
運び込まれた先から加工業者を経て、消費者へ。これからどこに行くかで豆腐になったり味噌になったり醤油になったりして食べてくれる人の口に届く。
毎年のことだけどちょっと感慨深い。
息子や娘を一人暮らしの学生生活に送り出す親の気持ちか。
それとも家を出て結婚するときに送り出す気持ちかな。なんて考えてしまう。
次の種まきは5月。あっという間だな。

出庫されていく大豆

出庫されていく大豆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です