ネーミングライツで だだちゃ という名が物議をかもす

鶴岡市に室内スポーツ施設がオープン。

その名も「だだちゃアリーナ」。

施設内では様々なフットサル、テニス、ゲートボールなど様々なスポーツができるとのこと。

特に冬場には大活躍しそう。

市民から望まれ待ちに待った施設なんだろうけどその名前のことで一部市民が首をかしげているとのこと。

「だだちゃ」とはだだちゃ豆のだだちゃとおなじで親父を意味する言葉、だだちゃアリーナ=おやじアリーナになっちゃうんだとか。

名前は一般公募をもとに選ばれているしネーミングライツはJA鶴岡が獲得。

所在地はだだちゃ豆の本場大泉地区、目の前にも畑が広がっている、うちの畑そこから近いし  笑

自分としてはあんまり気にしなくてもいいのかな~と思ってしまう。

そのうち「だだアリ行こう」とか言われてそう。

前回の箱もの騒動では費用が予定よりも大幅に掛かりすぎとか、建設業界からそっぽむかれたりとか、出来上がった外壁がボコボコだったりとか、指定管理者を一般民間人に選任しようとしたりとか完成する前までたくさんのなぜがあった。

それに比べれば名前問題はかわいいものか。

前回の反省から多くを学んだのかな~。

いずれにせよ大事なのは使う市民目線に立ち施設運営をしてもらうこと。

田舎のネーミングライツに宣伝広告効果はないに等しいしどちらかといえば地域貢献がメインと自分としては思う。

JA鶴岡が支払うネーミングライツ権費用を有効的に使い、市民が使いやすい施設になってほしいな。

オープン前のだだちゃアリーナ遠景

だだちゃアリーナ

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)